ミソフォニア(音嫌悪症):著者のケース

Pocket

こんにちは、Kayです。

今日は私の悩みの一つであるミソフォニアについてお話しします。

ミソフォニアという障害(というとまだ少し抵抗があるのですが)をもっと多くの人に知ってほしいのと同時に、同じように悩んでいる方に、”私だけじゃないんだ。”と感じてもらえればと思っています。

ミソフォニアとは?

そもそもミソフォニアとはどんな障害のことをいうのか、Wikipediaのページには下記のように説明されています。

ミソフォニア(英語:Misophonia, literally “hatred of sound”[1] )あるいは音嫌悪症とは、まれに診断される医学的な障害である。原因は神経学的だと思われ、特定の音に対して否定的な感情(怒り、逃避反応、憎しみ、嫌悪)が起こされる。

ここ20年ほどでやっと障害として認識され始めたと記事で読んだことがあります。

症状は人によって様々あるようで、Wikipediaには症状に関しても下記のような記載がありました。

ミソフォニアを患っている人は最もよくある場合、鳴らし、ズルズルの音立て、咳払い、爪切り、そしゃく、飲用、歯磨き、呼吸、鼻のクンクン鳴らし、会話、くしゃみ、あくび、徒歩、ガムをかむことまたはバブルを破裂すること、笑いいびき、飲み込み、ゴクゴク、げっぷ義歯のかちっという音、タイピング鼻歌、口笛, 歌い、ある子音の音や、反復的な音により、怒りの感情がさせられる[12][13]。<発汗、筋肉緊張や高心拍数などの「闘争・逃走反応」の症状が出る。

著者のケース

私の場合は上記に記載されている音のほとんどがダメで、食事は雑音やテレビなどの音が無いと耐えられません。

俗に言う食べ方の汚い【くちゃらー】さんがダメ、ということではありません。普通に食事している音が耐えられないのです。

今はだいぶ理解してくれるようになったものの、家族も最初は

”我慢しなさい。”

と言って取り合ってくれませんでした。

10年ほど前から気になり始め、年々その症状は悪化していったように思います。

音に対する感情

文字通り”嫌悪”なのですが、”怒り”、”憤り”が強く、辛くて泣いてしまう時もあります。ドラマで机をバンっ!と叩いて部屋を出て行くようなシーンがありますよね?本当にあんな感じです。

家族は普通に食事をしているので、私自身に問題があることは十分に理解しているのですが、どうしようもないのです。

今では自分が出している音が気になって、私が何かを口にする時は”ごめん、うるさい?”と聞いてしまう癖がついてしまいました。

食事の場だけではなく、電車の中や仕事中にもその感情は芽生えます

電車で隣に座った人のガムを噛む音、連続したあくび、鼻をすする音など。

”うるさい!!!”と叫びたくなります。その人たちは何も悪くないと頭では理解しているのです。でも耐えられないのです。

救世主のイヤホンを忘れた時は、ぐっと我慢するか、どうしても耐えられない時は車両を変えて回避しています。

また、イヤホンをしていてもそういった音を連想させる人の動作が視界に入るとそれもまた私には苦痛なので、うつむくか、目を瞑るかするしかありません。

映画館で近くに座る人がポップコーンを食べ始めたら、映画に集中ができず、食べ終わるのを必死に待つしかありません。音の大きいアクションものなら良いのですが、静かなラブストーリーやサスペンスものは本当に地獄です。

ミソフォニアとの付き合い方

今まで、ぐっと我慢してみたり、わざとその音を聞いてみたり、食事時間をずらしてもらったり、耳栓をしたり、テレビの音量を大きくしたりと…色々やってきましたが、特にこれといって良い方法はなく。

今でも静かな場での食事会や家族との食事でさえ、その時間が来るのが怖くて憂鬱です。

それでも少しは感情をコントロール出来るようになったので、結婚するまでは極力家族と一緒に食事をするようにしていました。今は私のことを理解してくれる夫に本当に感謝しています。

最後に

今日は簡単にご紹介しましたので、これからもミソフォニアに関して色々と発信していこうと思います。

日々周りの人たちに甘えてしまっていて、本当に申し訳なく思っている私ですが、症状を少しずつでも改善出来るようこれからも色々試していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント