ミソフォニア:仕事中も音は襲ってくるけど、何とかやっていけてる

Pocket

こんにちは、Kayです。

今日も私を悩ませるミソフォニア(音嫌悪症)についてお話ししたいと思います。

前回もお伝えしましたが、ミソフォニアの人にとっては、日々の生活のなんてことない音が心から不快で、怒りや悲しみの感情が湧いてきます。

(前回の記事はこちら

ただ、ほとんどの人がきっとそのことを誰にも話せずにいるか、本当に近しい人にしか知らせていないことと思います。

私も毎日仕事に行って、頻繁に友人とも食事し、ほぼほぼ普通に生活出来ているので、私がミソフォニアということは家族にしか話していません。同僚や上司、友人に気を遣わせるくらいなら、その時間をグッと我慢した方が私の場合は私自身が楽だと考えているからです。

今日は私の仕事中の一幕をご紹介。

仕事をしていても音は襲ってくる

日々、オフィスでデスクワークをしている時も音は襲ってきます。

最近では隣の席の人の水を飲む音が不快で、耐えられません。

ゴクっゴクっ

という、水が喉を通る音が不快で不快で、辛く、涙が出そうになります。

叫びたい。

デスクに頭をぶつけたい。

そんな気持ち。

(ちなみにテレビの飲料水やビールのコマーシャルも、グビグビ、プハー!系はチャンネルを変えます。)

その人がペットボトルに手を伸ばした瞬間、咳き込んだり、不用意に引き出しを開けたり、お手洗いに席を立ったり、なんとかしてその音をかき消そうとしています。

その度に、はたから見たら不自然だろうか気づかれていないだろうか、と不安に思っています。

幸い、私の職場ではイヤホンをして仕事をする人も多いので、最後の逃げ道は音楽です。

もちろん、電話対応や話しかけられた時にすぐ気づけるように周りを気にしながらですが。

イヤホンがないときっと私はろくに仕事も出来ないようになっていたかもしれません。

オフィスで食事をする人もいるものですから、それはもうイヤホンさまさま。

誰かがお土産におかきなんて買ってきた日にゃあもう、オフィスは地獄そのものですよ。

ただそれでも残念なことに、私は鼻もかなり敏感なので、イヤホンをしていても匂いだけは防げず、オフィスを逃げるようにお手洗いで気持ちを落ち着かせなければいけないことが多々あるのです。

お手洗いに駆け込むと、深呼吸をし、早くなった脈と乱れた呼吸を整えてからまた席に戻ります。

でもその人たちは悪くない、そんなことは分かっている

分かってるんです。みなさん普通に仕事しているだけなのですから。

でも正直なとこ、かなり辛いです。

時にはタイピングの音、咳払いや会話の声でさえ聞いていられない時もあります。

怒りの感情が湧いてくる。でもその人たちは悪くないと頭では分かっている。

その人たちは悪くないと分かっているから、落ち着かなければ、どうにかしなければ、と自分に言い聞かせる。でも出来ない。出来ない自分が情けない。

毎日そんなことの繰り返し。

それでも仕事は続けていける

でも大丈夫。私の場合はまだ逃げ道があるので、やっていけています。

勤務中ずっとその音に悩まされる訳ではないですし、その一瞬一瞬を我慢して毎日を過ごしています。

それがもしかしたら慣れとなってミソフォニアそのものを改善してくれるヒントになるかもしれませんし、ミソフォニアのために仕事を辞めるなんてことにはしたくないので、辛いながらも日々襲いくる”耐えられない音”と付き合っていこうと決めています。

最後に

もし同じようなことで悩んでいる方がいるなら、こう言いたいです。

あなたは変人ではないです。ただ少し敏感なだけ。

慣れろとは言いません。でもその音は消えることはないでしょう。ならうまい付き合い方を見つけるしかないのです。それが逃げるでも、かき消すでも、何でも良い。

辛いことも多々あると思いますが、あなたなりの働き方、仕事のやり方を見つけてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. darcyls11 より:

    Dirty Porn Photos, daily updated galleries
    http://deletefileporn.dudley.moesexy.com/?rebeca
    porn videos hiot fantasy tube of porn retro skinny porn longer flash cute gay asian porn top 10 biggest dicks porn