私がマリーナベイ・サンズを選ばなかった理由

Pocket

こんにちは、Kayです。

今やシンガポールといえばあのマリーナベイ・サンズ!と言える程有名なホテル。

CMにも起用され、人気に火がつきましたよね。

何年か前主人とシンガポール旅行に行った時、マリーナベイ・サンズに宿泊するかかなり悩んだのですが、悩んだ挙句、私たちは結局違うホテルを選択しました。

今ホテル選びで悩んでいる方、何かの参考になれば嬉しいです。

ただし、実際に泊まっていないのであくまで参考として読んでくださいね。(要はレビューではない

マリーナベイ・サンズの魅力

各旅行会社がこぞって宿泊プランを売りに出しているマリーナベイ・サンズ(以降MS)

ホテル選びに悩んでいた時、魅力に感じていた点をまずご紹介します。

①話題性

ここまで人気で話題のホテルとなると、一度は泊まってみたい!と思うもの。

パンフレットにも、”あの!”とか”憧れの!”とかいう言葉がたくさん使われていてラグジュアリー感満載。気になりますよねえ。

”MSに泊まってきた!”と話題のタネになるし、自慢出来るし、というところ。

②インフィニティプール

そう、あの最上階のプールです。

【宿泊者限定】という言葉に、泊まらないと入れないのか…泊まらないと…となってました。

ちなみにスカイパークという展望デッキはお金を払えば行くことは可能です。でも大人一人23シンガポールドル。高っ!

③カジノにレストランにおしゃれなショップ群

ホテル直通の広々としたエリアに広がるカジノ、レストラン、ショップの数々。

1日まるまる遊べる!というだけあってかなり充実しています。

④景色の良さ

これはマリーナベイに位置する特権で、高層階からの眺めは最高…。

私は夜景も好きなので、こだわりポイントでした。

でもマイナス要素も見えてきた

かなり魅力的に感じていたMS。

ただ、口コミを見るとあまりよろしくないレビューも多かったのです。

そして母の友人で実際に宿泊してきた人からも、”期待し過ぎた。”というコメントが。

レビューを読んでいて特に目についたのが、

一流ホテルではない、あくまで”エンターテイメントホテル”

という声です。

スタッフの対応の悪さ、フロントの混み具合、ゲストの素行の悪さなどがそう思わせるようですね。まあ新しさを求める人には良いかもしれませんが、一流ホテルのおもてなしを期待して行くと、あれ?となるようです。

ちなみにデラックス(MSの中では一番低いランク)のお部屋にはバスタブが無いのだとか。

部屋の広さもあの金額にしては狭いような。

うーん…と悩んでいた時、いよいよ私たちがホテルに求めるものと、MSの魅力がマッチしないことに気づき始めました。

照らし合わせていくと、

①話題性

⇨何見栄張ってんだよ。と自分たちにツッコミ。

憧れはあるけど嫌な思いをするリスクもあるなら止めておこう、と決断。

②インフィニティプール

⇨プール入ってる時間ってどれくらいあるの?と自分たちに問いかける。

行きたいところはたくさんあり、ただでさえ詰め詰めのスケジュールだったので2時間程のプール体験がホテル決定の理由にはならないな、と諦め。

ちなみにチケット代が高かったので展望デッキにさえ登っていません(笑)

③カジノにレストランにおしゃれなショップ群

宿泊してなくても行ってみよ!とスケジュールに組み込む。

実際行きました。うん、泊まらなくても十分エンジョイできた!

④景色の良さ

⇨よく考えたら、もはやマリーナベイのシンボルとも言えるMSを眺められる景色が良い!と発想を転換。

ってな感じで高いお金を払ってMSに泊まる理由がどんどん無くなっていきました。

そして最終的に選んだホテルは…

ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール

悩んだ挙句、こちらを選択しました。

結果、最高の宿泊体験を味わうことが出来ました。

ちなみにラッフルズとも迷ったのですが、どうしてもマリーナベイが眺められるホテルに泊まりたい私のゴリ押しでこちらに。

このホテルに関してはまた今度ホテルレビューの記事を書こうと思います。

→記事追加しました。ホテルレビュー:全てが最高の宿泊体験「ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール」

要はホテルに何を求めるか?

これだと思います。

私たちは今回マリーナベイ・サンズとはご縁がありませんでしたが、

魅力に感じるポイントと、自分たちが何を求めるかがマッチすれば、十分満足出来るのでは?ということです。(スタッフの対応や混雑も事前に分かっていれば、こんなもんかと思えそう。)

実際フロントや隣接した施設は新しく、スタイリッシュで素敵でした。

ホテル選びは旅行の満足度を大きく左右する大事な要素です。

有名だから、という理由だけでなく、自分達に合ったホテルか?を考えると良いですね。

しっかり下調べして、満足のいく宿泊体験にしましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)