ホテルレビュー:スモール・ラグジュアリーホテル「アルモニーアンブラッセ大阪」

Pocket

こんにちは、Kayです。

今日は大阪、茶屋町にあるホテル「アルモニーアンブラッセ大阪」のレビューです。

ちなみにジュニアスイートのお部屋に宿泊してきました。

都心のスモール・ラグジュアリーが売りみたいですね!

アクセス

大阪、梅田茶屋町という都心に位置するこのホテル。

LOFTやMBSのすぐ近く、チャスカ茶屋町というビルの1F〜22Fに入っているようです。

ちなみにジュンク堂(本屋さん)と同じビルです。

最初地図を見ながら、あんなとこにホテルなんかあったっけ?と思っていました。

なので入り口が分かりにくかった(笑)ちゃんとドアマンがいて、専用のエレベーターがあります。

ここまで都心だと買い物にもご飯にも困らないですね。

フロントまで付いて早速チェックイン。フロントから高級感のある良い香りが好感度アップ。

ジュニアスイートダブル〜エヴァーホワイト〜

今回宿泊したのはこちらのお部屋。

”永遠の純白”を意味するお部屋です。なんだかこっぱずかしいですが。

さて、中に入ってみましょう。

いきなりベッドの後ろ側がどーん!

前から見るとこんな感じです。

エヴァーホワイトの名前の通り、明るくて白を基調とした作りになっています。

でも可愛らし過ぎず、どこかおしゃれなところが◎。

コーヒーマシン、電気ケトルも置いてあり、紅茶やコーヒーは無料でいただけます。

そして振り返るとバスルームが。

謎の唇のオブジェのセンスよ。

お風呂はジャグジーです。おしゃれな三角のバスルーム。

アメニティはブルガリ。これがめちゃくちゃ良い香りでした。

持ち帰り用の小さなショッパーも置いてくれています。

そしてこの日はウェディングがなかったので、と隣のお部屋も解放してくれました。

こちらも純白。

壁一面の大きな鏡はドレスの着付け用だと思います。広々したお部屋でした。

テラスもあります。

中に見えるのはバスルーム。

少し前に宿泊したので景色はもう変わっているかもしれませんが。

夜も大阪の街がライトアップされて綺麗です。

実はこの日、夫の誕生日だったので、ケーキやプレゼントを事前に預かってもらっていたのですが、対応は完璧。セッティングもとても綺麗にしてくれていました。

後日宿泊担当の方にメールでお礼をしたくらい皆本当に素晴らしいサービス。

接客サービスの良いホテルは大好きです。

奇跡の朝食「メルヴェーユ」

アルモニーアンブラッセの朝食は美味しい!と聞いていたのでとても楽しみにレストラン「レヨン」へ。

こちらも光が入り解放的な場所でした。

ここの朝ご飯はなんとコース!一部だけですがご紹介。

こんな感じでメニュー表がもらえます。

まずはJr.野菜ソムリエおすすめの野菜&フルーツのフレッシュジュース3種。少量ですがこれがまた美味しい!

タピオカ入りのヨーグルトにシリアル。そしてシャンパン出てきます。

朝食にシャンパン出てきます。(2回目)

バターに自家製ジャムにはちみつに…ヨーグルトやパンと合わせていただきます。なんておしゃれなの。

そして、Jr.野菜ソムリエがワゴンで持ってくる新鮮な野菜たち。

それぞれ産地や旨味を説明してくれたあと、盛り付けて出してくれます。

普段私はあまり野菜好きでは無いのですが、どれもこれも、新鮮で素材の甘みが感じられ、感動。

シェフ自らが作ってくれる卵料理やベーコン。

スクランブル、目玉焼き、オムレツ、ポーチ、ボイルからお好みでスタイルを選べます。

この後もスープやデザートなどがありました。

普段ホテルでの朝食はビュッフェばかりだったので、新しい体験でした。

ゆっくり時間をかけて食べる美味しい朝食は心も豊かになりますね〜。

総合的に良かった点と悪かった点

良かった点

・アクセス抜群

・バスルームがおしゃれ、ブルガリのアメニティも最高

・都心でもラグジュアリーな気分を満喫(コンセプト通り)

・スタッフの接客◎(ブライダルにも力を入れているだけあって本当に丁寧で上品)

・コースの朝ごはん最高(ちなみに宿泊者じゃなくても食べられます。4,320円にて。)

悪かった点

・入り口が分かりづらい

・人によっては狭いと思うかも

それくらい。総合的にはとても満足。

正直なところ

リピートしたいです!次は違うお部屋にも泊まってみたいですね。

ちなみにじゃらん早割プランで朝食付き1泊2名31,200円

平日でしたが、ジュニアスイートで朝食も付いていれば満足のお値段。

良い宿泊体験でした〜

公式サイトはこちらから。

Screenshot of harmonie-hotel.jp
スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)