ホテルレビュー:モダンでリーズナブル「ペンタホテル香港九龍」

Pocket

こんにちは、Kayです。

今日は以前に宿泊した2013年オープンした香港のホテル「ペンタホテル香港九龍」(Pentahotel Hong Kong, Kowloon)のレビューを書いていきます。

今回初めて泊まったのですが、ペンタホテルはヨーロッパを中心に展開するホテル系列のようです。パッケージツアーだったのであまり考えずホテルは選び、ビジネスホテル程度かなーと思っていたらおしゃれで綺麗でテンション上がりました!

アクセス

香港は大きく香港島と九龍のエリアに別れているのですが、ペンタホテルは九龍サイドにあります。

MTR(地下鉄)の鑽石山(ダイヤモンドヒル)駅から10分程のところにあります。

あちらこちらで工事しているので、ほんとにここか?大丈夫か?と道中不安になりますが大丈夫。周りには少し歩いたところにコンビニもあり、夜でもそこそこ人通りがあります。

ただそもそもこの鑽石山駅までが中心地から遠いのがちょっとネック。九龍駅から30〜40分くらいかかります。MTRは時間帯にもよりますが結構な人混みなので、大きいスーツケースとか持っていくと大変かも。九龍駅からタクシーだと37分、と公式HPには書いていました。

とはいえ、ホテルと九龍の名所、尖沙咀(チムサーチョイ)とホテルとで無料シャトルバスが出ている時間帯があります。バスだとだいたい20分くらい。私はこのシャトルバスを大いに活用して楽させてもらいました。しかもほぼオンタイムに運行しているのでスケジュールも崩れず安心。ちなみにほとんど貸切状態でした。皆団体で泊まっているのか…?

無料のシャトルバススケジュールはこちらからチェック(公式HPに飛びます。)

ホテル外観〜フロント

ばりばり工事しているところを何度か角を曲がればホテルに到着。

外観からおしゃれな雰囲気が漂います。旅行会社にもよると思いますが、4つ星ホテルなのだとか!

こちらがホテル側から見たエリアの雰囲気。どう考えてもホテルだけ浮き過ぎて笑った。

無料のシャトルバスはロータリーにひっそり停まってます。空港行きや団体向けのバスがたくさん行き来しているのでお間違い無く。

中に入るとちょっと暗い1Fロビー。

時間帯によっては団体の集合時間に当たって結構な人数がいます。

利用する時間は無かったけど、ラウンジのレストランやバー、ビジネス用の会議室、ジムなんかもあるのだとか。内装もおしゃれ。

そしてこちらがフロントロビー(場所も雰囲気もぱっと見フロントって分かりにくい)

奥はどうやら朝食用のレストランになっているらしい。

左のカウンターでチェックイン・アウトします。

フロントのスタッフさんはカジュアルな感じですが丁寧です。

英語で全く問題なし。お客さんは中国系の外国人が多いですが、ちょこちょこ日本人や白人の方もいました。

こんな遊び場もありました!お菓子の自販機等もあります。

いざお部屋へ!

ホテルは32階あるらしく、私は20階以上上のフロアにお部屋を準備してもらえました。

中はこんな感じ!ほぼ寝るだけにしては十分なサイズ感でした。

Wifiもちろん無料

スリッパ、歯ブラシ、ドライヤー、セーフティボックス、iPhoneを充電しながら出力出来るスピーカーなんかもあり、アメニティは割と充実。コンセントも結構ありますが、香港は日本と形状も電圧も違うのでお気をつけて!

パジャマはありませんのでご自身のものをお持ちくださいませ。(香港ではパジャマは無いのが普通)

お水をサービスしてもらえるのもありがたいです。

こちらがバスルーム。バスタブはありませんが、冬でもそんな寒くないので問題なし。

お部屋の景色は高層階なだけあって結構怖い…でもエリアがエリアなだけあって綺麗!という感じでは無いです(笑)香港は高層ビル多いんですね 〜!

全体的に困ることは何も無く、快適に過ごせました!

総合的に良かった点と悪かった点

良かった点

・スタイリッシュでおしゃれ

・清潔感があって安心して宿泊出来る

・無料シャトルバスが使えて便利

・金額がリーズナブル(私は旅行会社の航空券+ホテルのパックツアーだったので細かい内訳は分かりませんが、コスパ良しという口コミが多い)

悪かった点

・アクセスがちょっと不便

公式HPはこちら

ホームページもおしゃれです!是非!

Screenshot of www.pentahotels.com
スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)