現場からの女性社員の声をお届け!好かれる男性と嫌われる男性の違いは?

Pocket

こんにちは、Kayです。

女性社員から嫌われているかも…

女性社員とどう接して良いか分からない…

そんなお悩みを持つ男性の方はたくさんいらっしゃると思います。

よくネットで男性が経験談から女性社員との接し方を書いている記事を見ますが、このブログではその女性社員である私が、周りの女性陣と日々接している中であがった

この人の好き・あの人の嫌い

をまとめました。

気をつけること、マネ出来ることはたくさんあるはず。是非参考にしてみてください!

こちらの記事も合わせてチェック→それNG!オフィスの女性に嫌われる男性の特徴

好かれる男性社員の例

正直なとこ、好かれる男性社員は、非常に少ないです。(私の職場では)

悲しかな、ほとんどの男性社員の悪口を女性陣の誰かから聞くようなイメージ。

でもそんな中でも、厚い信頼を寄せる男性ももちろんいます。

そんな人たちの何が褒められているのか、まとめてみました。

①身なりがキッチリしている

これ、なんだかんだ一番大事なのはこれだと思います。

前回の記事でも書きましたが、本当にこれは大事。

何度も言います。仕事が出来る出来ない以前に身なりが大事です。

シャツがしわくちゃ?香水がきつい?カバンや靴がボロボロ?全て見られています。

職場には仕事が出来て出世街道まっしぐらの方がいますが、この人は香水がきつくて私服が年齢の割に若すぎるため、周りの女性からはあまりよく思われていません。

別に高い服も、時計も、カバンも必要ありません。(さりげなく身につけていたらもちろんポイントアップです。)

清潔感があってシンプルに、年相応に似合っていて、センスが感じられる、これだけ。

そんなの無理!と思う方は、”清潔感”だけ意識する、にチャレンジしてみてください。

②誰に対しても丁寧

女性陣から好かれる人は、基本的に男性陣にも好かれていることが多いです。中でも上司、部下、同僚、他部署の人間、誰に対しても丁寧な人は確実に好印象です。

相手が誰であろうと最低限の気遣いのレベルがある人は、好印象で、かつ”仕事が出来る人”に見られます。

知らず知らずの内に部下には横柄な態度、上司にはごますり、をしていませんか?

一度冷静に自分の行動を見直してみてください。

③焦らない・基本いつも余裕

はい、女性の大好きな”余裕”。大好物です。余裕のある男性を嫌いな人なんていますか?

大規模プロジェクトでも、急な突発案件でも、淡々と仕事をこなす人。

一方、”今からだとちょっと…(あたふた)”、とすぐ口に出る人。

断然前者の方がかっこいいですよね。これは実際に仕事が出来る出来ないに関わらず、態度と見せ方の問題です。

要はグチグチ言わず、”誰かがやらないといけないんだから”くらいに割り切ってやっている人は好印象を持たれやすいのです。

余裕と言いましたが、作業中、うーんと悩んでいる姿はOK!むしろ大変そうだな…と心配してもらえます。

何か聞かれた時に、取り込み中で10分後でもいいかな?と断りを入れることも構いません。

余裕がないとは、今自分がおかれている状況を理解しきれず、答えを出せない状況です。

”えっ、えっと…ちょっと待って…どうだったかな”(ガサゴソ〜)

のような感じですね。

もちろん忙しいとそうなる時は誰にでもあります。そんな時は、”ちょっと整理したいから5分だけもらってもいい?”と余裕の表情で丁寧に、微笑みながら返答してください。

それだけで断然印象が違います。

嫌われる男性社員の例

大多数(というと世間の男性の反感を書いますが)がこちら。

仕事が出来る人も、俺は出来ると思っている人も、実は裏で女性陣に悪く言われていることもきっと少なくありません。

ランチのネタにされている方、あなたかもしれません。

(この記事はあくまで職場の女性陣の声をまとめただけで、お前たち女はどうなんだという反論はすみませんが他所でお願いいいたします。笑)

好かれる男性の項目と逆の内容は省きます。

①口だけ

こんな人、周りにいませんか?

私の職場はこの”口だけ男”結構いるんですよねえ。

同僚A
俺あの人(仕事が出来る上司B)のやり方分かってきたわ!コツは…

といかにも俺仕事出来ますアピールをしていた同僚Aは結局後日上司Bのお怒りを受けていた。これ、ドッキリ番組で散々高級食材の感想やうんちくを話した後に実は安い食材でしたって言われた人くらい恥ずかしい。

上司C
困ったらいつでも声かけてな。力になるで!

と優しい声をかけてくれた上司Bに後日相談に言ったら、

上司C
それは俺は知らん。◯◯さんが詳しいんちゃう?聞いてみて〜

こういう具合です。

そんなことになるなら何も言わなきゃ良いのに。と思ってしまうこちらの本音。

②他の人の悪口を話す

これだけ書いといて今更これを言う資格はないかもしれませんが(笑)

女性はストレス発散のために悪口を話すという話を以前にもしましたが、

(過去記事はこちら→女性社員が集まると、決まって話題はこれになる

男性もストレス発散で誰かの悪口を言うことも多いでしょう。お気持ちわかります。よく分かります。ムカつきますよね。腹たちますよねえ。

でもそんな時、男性社員だけが聞いているところで話した方が無難です。

不特定多数が聞いているところで誰かの悪口を話す人を多くの女性はよく思っていません。

”私もこんな風に言われているのかな。”

と不安になりますし、マウンティングと思われて”器が小さい男だな。”という印象を持たれることもあります。

③しつこい

面白くないギャグやノリの人、いませんか?

笑いのセンスのある人と違って、こういう人は面白くもない話を会う度や、”まだ話すの?本題まだ?”と思われる程の時間、前置きに使ったりします。

たまになら良いのですが、それこそ会う度されるとそのノリについていかねばならずとても疲れてしまいます。

そして大概”デリカシーのない”ネタを持ち出したりするんですよね・・・勘弁してくれよ。

エレベーターに一緒になったりすると最悪です。苦痛です。

話すのに夢中にならず、女性の表情や行動をよく観察してみてください。

苦笑いだったり、別のことをしていたり、退屈!というサイン、必ず出ています。

最後に

現場の声、少しは参考になったでしょうか?

少し見直してみるだけで周りからの評価もガラッと変わるかもしれません。

女性を味方につけて、楽しいオフィスライフをお過ごしください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)