ホテルレビュー:都心で味わう非日常「インターコンチネンタルホテル大阪」

Pocket

こんにちは、Kayです。

今回もまたホテルレビューです。

ずっと泊まりたかった大阪のこちらのホテルをご紹介。

「インターコンチネンタルホテル大阪」(Intercontinental Osaka)

大阪にはリッツやコンラッド、セントレジスなど数々の高級ホテルがありますが、その中でも洗練され、ワンランク上の宿泊体験を提供してくれるインターコンチネンタル。

アクセス

JR大阪駅からすぐに位置するグランフロント大阪北館の一番奥まったところにあります。

グランフロントまでは3分程ですが、駅から一番離れた場所にあるので10分かかるかかからないか、という感じですね。屋根続きで雨でも濡れずに移動することが出来ます

グランフロントの中には飲食店はもちろん、ショッピングも思う存分楽しめるお店がたくさんあるので、のんびりしたい人にもオススメ。

入り口はこんな感じでひっそりと現れます。向かいにはACTUSと、併設してSOHOLM CAFE+DININGがあります。

エレベーターで上がってフロントへ。エレベーターホールから良い香り。

20階から上がインターコンチ。フロントは20階にあります。

大きな窓から光が差し込んで明るい!広々としたフロントです。スタッフの皆さんも丁寧。落ち着いた時間が流れています。

すっきりしつつもモダンアートも楽しめる、美術館のような雰囲気。

クラブインターコンチネンタル

実は今回、夫婦の記念日ということもあり、28階に位置するクラブフロアに宿泊してきました!

クラブフロアに宿泊すると、下記のサービスが受けられます。

公式HPより抜粋

<特典>
・専用ラウンジでのチェックイン・チェックアウト
・専属コンシェルジュによる観光情報の案内や各種予約
・朝食、午後のアフタヌーンティー、夕方のカクテルタイム、夜のナイトキャップ
・Wi-Fi高速インターネット無料アクセス
・大阪市内への通話無料サービス
・滞在中2点まで無料プレスサービス
・専用ラウンジ内会議室の利用(滞在中1時間まで無料)

といいつつ、メインで利用するのはこちら。

クラブラウンジでの下記のサービスです。

営業時間:7:00〜22:00

ご朝食 7:00〜11:00
アフタヌーンティー 14:30〜16:30
イブニングカクテル 17:30〜19:30
ナイトキャップ 19:30〜21:30
※17:30以降のクラブラウンジのご利用は、13歳以上のお客様に限ります。

もちろん無料。ゆったりした空間でドリンクやフードを楽しめます。

クラブラウンジ

28階まで上がると、すぐにラウンジがあります。

カードキーをかざして中へ。コンシェルジュがすぐに席へ案内してくれます。

(混んでいなかったので私たちはフロントでチェックインしました。)

私たちが利用したのは夕方〜夜のイブニングカクテルの時間帯。

お一人で来られるマダムやご夫婦、外国人のビジネスマンや観光客が訪れていました。

ここに座ってのんびりしているだけでも、とても静かで贅沢な空間を楽しめます。

ドリンク(シャンパンやワインなどのアルコールもありますよ!)のオーダーはもちろん、アペタイザーの後に更にホットカナッペも提供してもらえます。

この日は

・ブルーチーズといちじくのタルトレット

・スズキとラタトゥイユ

・牛肉のグリルと根菜

でした。これがまた美味しい〜!

今までは好きなものを一品選ぶシステムでしたが、あくまで食事前の軽食なのでこれくらい美味しいものをちょこちょこつまめた方が個人的には嬉しいです。期間によっても変わるので到着してからのお楽しみ、ですね。

ビュッフェのエリアもあり、パンにチーズ、アペタイザーで出てきた一品、スイーツなどを好きなタイミングで取りにいくことが出来ます。

クッキーやマカロン、プラリネ…どれも美味しい!幸せ〜

クラブインターコンチネンタル エグゼクティブスイート

そして今回宿泊したのはこちら!

元々クラブインターコンチネンタルダブルのお部屋に宿泊予定だったのですが、ラッキーなことにアップグレードしていただけました。

宿泊した後色んな予約サイトを見てもコーナースイートは予約ページが出てくるものの、エグゼクティブスイートはなかなか出てこないので、限られた条件でしか予約が出来ないお部屋なのかも?と勝手に思っています。

広さ82㎡のとっても広々空間です!わーい!テンション上がりっぱなしでした。

お部屋に入るとまずはデスクワーク用のスペースと広いリビングが目に入ります。

iPodドッキング、BOSEのシアターサウンドシステム、42インチの大型フラットテレビ等を完備しています。これだけ揃ってて設備面で不満を感じる人なんているのかな。

棚の中にエスプレッソマシンやミニバーがあります。

そしてリビングの右手にベッドルームへのドアが。

こちらがベッドルーム。シンプルですが温かみのある上品な雰囲気になっています。ベッドはシモンズで寝心地抜群です。

白飛びしてしまった景色はこんな感じ。昼と夜では全然雰囲気が変わります。

ヘップファイブの赤い観覧車も見えますね。

ちなみに正面向かいは思いっきりオフィスビルが建っていて、向こうからこちらが見えそうでちょっと不安でした(笑)

そして私のお気に入りのバスルームとパウダールーム。高級感のある作りになっていて、とっても広い。

バスルームはガラスドア。シャワーはレインシャワーもあります。

バスアメニティはアメリカ、サンフランシスコのフレグランスブランド、“アグラリア(Agraria)”のもの。天然の植物成分をブレンドしていて、中でもブランドで一番のレモン・ヴァーベナの香りをアメニティとして採用しています。

石鹸、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーが置いてありますが、これが本当に良い香り!この空間と香りだけで疲れが吹き飛びます。

パウダールームのすぐ横にはウォークインクローゼット。セキュリティボックスも完備しています。この扉を抜けると先ほどのワーキングスペースに繋がります。

ちなみにこのお部屋は二つお手洗いがあります。どちらも清潔で気持ちの良い空間でした。

外で食事を終えて帰ってくるとターンダウンサービスが済まされていました。

さすが日本らしく浴衣と、枕にはみつあめと小さな犬の置物が。みつあめは中にとろーり甘い蜜が入っていて美味しいです。

朝食ビュッフェは「NOKA Roast & Grill(ノカ ロースト & グリル)」で

もちろんクラブラウンジでも朝食はいただけますが、以前にランチでも来たレストランが気に入ったのでこちらでの朝食をチョイス。フロントと同じ20階にあります。

日差しがかなり入ってくるので少しブラインドを下げていましたが、こちらも大きな窓で光に包まれる明るい空間になっています。

新鮮な野菜やフルーツ、ふわふわのパン、ハムやチーズ、和食まであります。どれも美味しくて朝から食べ過ぎてしまうほど…ただもう少しお料理の種類が豊富だと嬉しいかな。

オープンキッチンでその場で調理してもらえるお料理ももちろんありますよ。

そして何より選べる一品が最高に美味しい。

私はエッグベネディクトのサーモンを。これが中の卵が最高の焼き加減でお味も最高でした。(要は最高だった。)

スタッフの方も常に目に見えるところにいてくださり声もかけやすく、気遣いも抜群でした。

ちなみに宿泊せずに朝食だけでのお食事も可能です。時間帯は6:30〜10:30で、お一人3,600円。ちょっと贅沢な朝を楽しみたい方にはオススメ。

まとめ/こんなシーンにオススメ

終始ラグジュアリーな気分を味わえる素敵なホテルでした!

記念日にはとにかく抜群のホテルですね。女性は喜ぶこと間違いなし。

チェックインからアウトまで特に気になる点はなかったので、安心して贅沢な時間を過ごせると思います。

ラグジュアリーホテルというだけありクラブフロアに宿泊せずとも、どのゲストルームも一般的なホテルに比べてかなり広いので、たまにはちょっと贅沢して宿泊、も素敵ですね。

公式HPはこちら

各お部屋のレイアウト平面図が分かりやすい!(レイアウト見るの好き)

大阪での滞在を思い出に残してくれるような気持ちになりますね〜!

Screenshot of www.icosaka.com
スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)