行かなきゃよかった結婚式・二次会!私が出席した実際のパーティーをご紹介

Pocket

こんにちは、Kayです。

結婚式ってとってもめでたくて幸せな気持ちになれる。そんな行事だと思いますが、中には、

”あ〜行きたくない!”

“あ〜行かなきゃよかった〜!”

というものも正直なところあります。(言っておきますが招待してくれた新郎新婦のことは皆大好きです。)

今日は私が実際に体験した結婚式や二次会の中から、そう思った残念な日のことをご紹介します。

①お料理が少ない・またはほとんど食べられない

これは二次会や披露宴のビュッフェの時に時々ある出来事です。

特に二次会はだいたいが小さなレストラン等でやることがほとんどなので、ビュッフェのスペースに招待客が殺到!というのがよくあります。

そして少し待った後行ってみるとお料理が全然残ってない!なんてこともしばしば。

それなりの会費を払っているので、ご飯が食べれないというのは不満に繫がります。

②座れる席が十分にない

これは結婚式でもあることです。

座る場所が十分になく、立ち見で挙式を見たことがありました。それも一度じゃなく。

正直に言うと、挙式の間中ずっと立ちっぱなしというのは辛いです。

二次会でも自由に座ってね、みたいなラフな感じのものに参加した時は、椅子が足りずに立食

パーティのような感じになっていました。

特に女性はドレスやワンピースに合わせてヒールを履いてきている人も多いので、その点も考
慮して、会場を選ぶ時は、招待客が全員座れるか確認すると招待客に優しいと思います。

③余興が内輪すぎて意味不明

二人のための会なのでこれは賛否両論あるかもしれませんが、所属しているグループの人しか笑えない余興は、正直そのグループ以外の人からすると意味不明で、全く楽しくありません。

中には脱いだり、下ネタが含まれていたり、なんて余興もあって益々笑えません(笑)

ダンスなど、誰が見ても楽しいものに少し内輪ネタが入っても良いと思いますが、あまりにも特定の人たち向けの内容に走りすぎると興ざめしてしまうのも正直なところです。

④あまり仲良くない人が隣の席

これは仕方のないこともあると思いますし理解出来ますが、もし可能なら配席を決める際に考慮しておいて欲しいなと思います。

私は経験無いのですが、新郎(または新婦)以外の人とはあまり仲良くない、みたいな式に出たという話
も周りで聞きます。

個人的には、新婦とは仲良しだけど隣のこの人のことは避けてたんだよね、この話前新婦に話
してたと思うけど・・・というのがありました。

それを避けるために、友人は結婚式をする際同じグループの人達に、そのグループからの参加者リストを見せて、嫌な人がいたら教えてね!(笑)みたいな感じでメールを送ってました。

そのトーンだとこちらも、この人はちょっと(笑)みたいなフランクな感じでリクエスト出来て、すごく招待客のことを考えてるなーと思いましたね!誰だって好き嫌いはありますから。

⑤暑過ぎる・寒過ぎる

これは季節の問題ですが、本当にオフシーズンはいくら安くても止めた方が良いです

これにプラス、駅から遠いとか、ほんとに止めた方が良いです。

もしこれでガーデンだったら最悪です。

悪いことは言わないので、止めておきましょう。

私は梅雨の時期に、前日に雨が降って最悪の足場のガーデンウェディングに参加したことがあります。暑いし、足元は泥だらけ。さすがにちょっと驚きました。

本当に招待するゲストのことを思うなら・・・

いくら新郎新婦のことを大事に思っていても、うーんこれはちょっとな、と思うパーティーもあります。

私だけじゃなく友人もこれは無いよね、しんどかったね、と帰り際に話すこともありまし
た。

招待してくれてるんだからそれだけで素直にお祝いするべき!

というご意見もとってもよく分かります。

でも、自分が招待する側の時に私は”招待ゲストファースト!”つまり招待ゲストが何より一番大事!来てくれた人達には終始気持ちよく、楽しい気持ちでいてくれるようにと考えて色んな選択をしたからこそ胸を張って最高の日になったと思うんです。

だからこれから会場を決めたり、計画を進める未来の新郎新婦の皆さんが、もし招待する大事な人達に最高の気分になって欲しいと思うなら、おしゃれな装飾、素敵な演出に凝る前に、一度招待客の人達の立場で自分たちの結婚式やパーティーのことを考えてみると良いと思います。偉そうなこと言ってすみません!参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)