ホテルレビュー:道後温泉本館徒歩1分「大和屋本店」

Pocket

こんにちは、Kayです。

今回訪れたのは愛媛県の道後温泉にある

「大和屋本店」(YAMATOYA-HONTEN)

道後温泉の周りには素敵なホテルや旅館がたくさん!

迷いに迷いましたが、老舗で落ち着いた雰囲気のこちらに滞在しました。

アクセス

大和屋さんが売りにしているのが、道後温泉本館から徒歩1分!というところ。

大和屋本店は、道後温泉本館から徒歩1分、伊予鉄道道後温泉駅から徒歩5分と絶好のアクセスです。道後温泉の外湯めぐりや松山市内の観光はもちろん、愛媛・高知・広島県内でのお仕事には、アクセス便利な大和屋本店をご利用ください。

ー公式HPより引用

これは大変ありがたかったです。

旅館を出てすぐのところに道後温泉本館が見えるので、旅館に荷物を置いて、ふらっと道後温泉の本館や周りのお店を満喫することが出来ました。文句なし。

館内の雰囲気

まずは外観から。とっても落ち着いた雰囲気です。

正面玄関から細い通路を抜けてロビーに繋がる玄関へ。

こちらがロビー。

この時期は蜷川実花とコラボしていて、蜷川さんオリジナルのランプシェードが飾られていました。広々としていて、静かで落ち着いた雰囲気がとても良かったです。

こちらでは道後温泉本館に行く時に便利な湯かごをタオル付きで貸し出してくれます。しかも浴衣は宿のものをそのまま着て行ってOK!

こちらがフロント。スタッフさんも丁寧でした。

ちなみにチェックアウトは12時!次の日も朝ごはんを食べてまた温泉に入って、ごろごろしてが叶い、ゆっくり出来てありがたい〜!

エレベーターも桜の花びらがあしらわれた装飾。

館内の至るところで桜をモチーフにしたものが見れるそうです。

そしてフロアのエレベーターを降りるとまたカウンター。

なんと各階にあるらしく、フロアの専属スタッフが配置されているそうです。お世話になることはありませんでしたが、素敵な気遣い。

「スタンダード和室」でも広い!

お部屋はスタンダード和室をチョイスしましたが、広い!

スタンダードでも主室10畳、45平方mのゆとりのあるお部屋が売りのようで、のびのび使えて二人なら十分過ぎる広さでした。

温泉旅館には必須の窓際の広縁。のんびりスペース。

公式ホームページによると、作りが全室個別で、天井のつくり、壁の色合い、障子の格子がお部屋ごとに違うそうです。

お部屋に置いてあるお菓子は宿オリジナルのベジスイーツ!疲れた体にちょうどいい甘さで美味しいです。もちろん売店でも購入可能。

クローゼットには金庫があります。

冷蔵庫と最低限のコップとお湯のみ。

洗面所、お風呂も落ち着いたトーンで十分な広さ。

お風呂には小さいですが窓がありました。

お手洗いも広々!清潔に保たれています。

能舞台「千寿殿」

そしてなんとここのお宿には能舞台があります。

お夕食の前に舞を拝見。。。もちろん無料です。

スピーカーから流れる音に合わせてお一人でのパフォーマンスでした。

外に椅子が置いてあるので、10分程度ですが真冬は寒いかもしれないですね。

朝食会場からも能舞台が見えるようになっていました。

お夕食は日本食をチョイス

お夕食は個室で。レストランの場合もあるそうなので、予約時に問い合わせると良いかもしれません。西洋と中華も選べたようです。

海鮮磯仕立て鍋〜!

和牛ロースの鉄板焼き〜!

鮎の唐揚げ。。。そしてお造りやお吸い物、他にも湯葉万寿やちりめん山椒のご飯などなど、どれもとても美味しかったです。

ちなみにこちらは朝食。能舞台の見える会場でいただきました。

大浴場

道後温泉が目と鼻の先とはいえ、お宿の大浴場も楽しみの一つですよね。

こちらが湯上りにまったり出来る待ち合わせ場所。

男郎花(おとこえし)と女郎花(おみなめし)。時間帯で男女のお風呂が変わることは無いようです。

時間帯のせいか誰もいなかったので中もご紹介。

広々とした脱衣所。タオルやバスタオルも脱衣所にあるので手ぶらでふらっとお風呂に入りに来れるので楽チン。すぐ横にパウダールームも完備。

女風呂の露天風呂は1枚岩をくり抜いた贅沢な湯船を採用していました。うーん気持ちいい!

公式HPのスクリーンショット

お風呂上がりには麦茶と梅が。ほてった体に染み渡る〜!

悩みに悩んだけど大正解!

今回お宿選びに苦戦しましたが、結果的に大和屋本店さんを選んで大正解でした!

夫婦、カップル、ご家族、何ならひとり旅と、どんなニーズにも応えてくれると思います。

老舗のお宿とはいえ、色々なプランを考えているようですのでご自身の要望にあったプランを探してみてくださいね。

Screenshot of www.yamatoyahonten.com

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント